サスペンション

BMWといえばマクファーソンストラット+セミトレーリングアームだ。といっても、なんのことやらちっともわからない人もいるだろう。BMWの走りを極めるためには、まずそのサスペンションを知っておく必要がある。クルマの操縦性、安定性を決定づける重要なパーツだが、あまりにも知られていない。まず、サスペンションとは何か?というところから始めよう。I一般の会話ではよく「サス」と略して使われることが多い。正確にはIの二gの口のざ目で、辞書を引くと、つるし、懸垂などとなっている。クルマ用語としては懸架装置という日本語になる。要するにボディとタイヤをつないでいる部品で、アームあるいはリンクと呼ばれる類いやバネ、ショックアプソーパ、それにスタピライザーなども含まれる。サスペンションはクルマの操縦性、安定性を決定づける重要な部品である。また、乗り心地の面でもその性能を決める要素としては重要だ。
BMWは前輪ストラット、後輪セミトレーリングアームーというサスペンション形式を、世界に広めることに大きく貢献したメーカーである。BMWの走行フィーリングがいいから、それと同じ形式のサスペンションにしようと、当時数多くのメーカーが採用したという話もあるくらいだ。ストラット型というのは、ショックアプソーバに車輪支持部材であるハブが付いているタイプをいう。マクファーソンスト型はそのショックアブソーバにコイルスプリングを巻いているものだ。ストラット型の特徴はシンプルで高性能なところにある。。←いろいろな設備はこちらのサイトから確認してください。


DW183_L

Categories: 未分類

1 Comment

  • Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す