BMWを運転

  • By asmile
  • 2014年6月26日
  • コメントは受け付けていません。

欠点としてはショックアブソーパをサスペンションアームとしても使っているために、摺動時のフリクション(摩擦)が大きいことがあげられる。BMWではロアアームを一般的なI型A型、L型などから、2本のアームを待つダブルリンク式に替えている。これをダプルジョイントスプリングストラット式と呼んでいる。このことによってスポーティなドライピングに大切なハンドルの手応えや操舵感をとてもよくすることができるのである。これはドライビングフィールを大事にするBMWらしいサスペンション設計といえる。このダブルジョイントスプリングストラット式は7シリーズ(E32)と5シリーズ(E34)に採用している。BMWを運転してブレーキをかけたとき、ノーズダイブが少葱いことに気づくと思う。このノーズダイブを小さくする方法としては、バネやショックアブソーバを硬くするのが簡単だ。しかし、これでは乗り心地が硬すぎて一般的ではなくなってしまう。どのようなサスペンションセッティングでノーズダイブを減らしているのか。もう少し詳しくいえば、ブレーキをかけてショックアブソーパが縮もうとすると、タイヤの回転する力でそれがキャンセルされるようにセッティングしてあるというわけだ。リアサスペンションの話に入る軍フ。BMWといえばセミトレーリングアームである。ガッチリとしたアームがボディとタイヤをつなぎ、ダイナミックな操縦安定性、しっかりした走行感快適な乗り心地を提供してくれる。しかし、現在では、リアサスペンションはセミトレーリングアームからマルチリンクへと徐々に替わりつつある。←こちらのサイトがお勧めです。

DW157_L

Categories: 未分類

Comments are closed.